• HOME
  • エアー免震(断震)AIR免震システム住宅

エアー免震(断震)AIR免震システム住宅

 ▼ご希望の方は実物稼働見学希望とこちらからお申込みください
南関東直下型大地震は、2036年までに関東地方南部に70%の確率で発生すると言われています。
この大地震は、直下型のマグネチュード7クラスが発生すると想定さてますので、その時の被害は甚大になると予想されます。
この大地震の他に、東海大地震はマグネチュード8クラスも100年に1度の大地震がいつ発生するか予想が出来ません。

建物での大地震の対策について


現在の新築住宅の設計においては、耐震設計が行われています。
耐震設計とは、過去に想定された大地震の経験を基に、建築基準法にて大きな地震に対して倒壊を防ぐように設計を行われています。
1978年の宮城沖地震において建物が大きな被害を受けたため1981年に新耐震設計法が作られました。
現在の新築住宅の設計においては、耐震設計が行われています。
●耐震設計とは
耐震設計とは、過去に想定された大地震の経験を基に、建築基準法にて大きな地震に対して倒壊を防ぐように設計を行われています。
1978年の宮城沖地震において建物が大きな被害を受けたため1981年に新耐震設計法が作られました。
この時、木造住宅では筋かいと言われる耐力壁を多く入れるようになりました。
阪神淡路大震災の時にその筋かいの耐力壁が大きな地震の時に柱が抜けてしまって倒壊してしまう事例があり
平成12年にホールダウン金物という柱を土台から抜けてしまうのを防ぐ金物の設置が義務化させました。
この様に、大きな地震を経験してその経験を基に大地震時に倒壊を防ぐように造られているのが現在の耐震設計です。

私ども「しあわせ設計の家」では、余裕を持たせた耐震設計を行う事は、もちろんですが
その上の考え方、制震住宅への積極的な取り組も行っています。
●制震住宅とは
制震住宅とは、耐震設計で大地震でも倒壊しない建物であっても大地震のエネルギーがそのまま家に伝わります。
そのことによって、建物内部の家具などが倒れるといいますか、飛んでくることによる被害が多くの地震で発生しています。
最悪、建物は倒壊しないのですが家具によって大切な命が失われることがあります。
このようなことから、大地震時にその地震の揺れを減衰させることが、生命の安全につながりますし、そして建物の為にもよいので、地震の揺れを少なく(減衰)させるシステムが、制震住宅といいます。
具体的には、筋かいにブレーキ材や摩擦材を挟み、地震の揺れをある程度、耐力壁部分で柔軟に揺れを吸収させます。

「しあわせ設計」の家の制震住宅は大地震30年保証付きです
「しあわせ設計」の家で使われている制震住宅の製品ページ


●免震住宅とは
免震住宅とは、大地震の揺れを建物に伝えることを極力さけるような装置を付けた工法です。
大規模なビルディングでは、積層ゴムを基礎の下に敷いてそのゴムの弾力により地震の揺れを吸収することによって建物に揺れを伝えない工法です。
ただ、この工法は一般の戸建住宅には向けません。
なぜなら、建物が軽すぎるためう、ゴムの弾力によって揺れを抑えることが出来ないのです。
それでは、一般の住宅では、どのような工法が取られているのでしょうか?
それは、摩擦の少ないボールベアリングなどによって横揺れのみを吸収するシステムが採用されていました。でも大きな欠点があります。それは直下型の地震の時の縦揺れには対応できない事です。

エアー免震システムについて


全く新しい免震システムであるエアー免震(断震)、AIR免震とはどのようなものか、ご紹介いたします。

●エアー免震住宅とは

エアー免震(断震)、AIR免震とは

地震が起きたとき、もしも建物が宙に浮いていたらどうでしょう?夢のような発想でしょうか?
私たち開発技術者は, 奇想天外な発想で地震という恐怖から逃れられる方法を模索してきました。

その鍵はAir(空気)にあったのです。



Q.エアー免震、他の免震装置と比べてどこが特徴ですか?
A.他の免震装置は、台車の上に家があるようなものです。なので地震の横揺れのみに対応しています。エアー免震は、空気で家を浮かしてしまい完全に地面と切り離しますので、縦揺れも吸収することが出来、摩擦も少ないので、揺れを大幅に低減する効果があります。

Q.免震住宅は、風でゆれるの?
A.エアー免震は、地震のない時は浮き上がっていません、風などで揺れる事はありません。

Q.エアー免震は、建てる土地を選ぶの?
A.エアー免震は、シンプルな造りのため為、比較的条件を選びません。
ただし、一度私どもに相談してください。設置可能か現地調査致します。

Q.エアー免震住宅は、おいくら位なのですか?
A.設置規模にもよりますが、ローコストで設置できなければ意味がないと弊社では思っています。
その為、一般の免震住宅の半値ぐらいで設置できるように検討しています。

Q.エアー免震住宅は、メンテナンスが必要ですか?
A.エアー免震住宅は、構造がとてもシンプルなため、大きなメンテナンスは必要ありません。
ただし、地震センサー部分に停電の時も作動するように、バッテリーが設定されています。
そのバッテリーは定期的に交換が必要です。

Q.エアー免震住宅は、対応年数は?
A.エアー免震住宅は、基礎部分にステンレス製の空気が漏れないような羽が付いていますがステンレス製なので対応年数は50年ほどは持つと思います。また交換も簡単にできます。

エアー免震(断震)、AIR免震の資料をご希望の方は



 ▼ご希望の方は実物稼働見学希望とこちらからお申込みください


ご質問・ご相談は無料です。
しつこいイヤーな営業は、一切ありませんので、
安心してお気軽にお問い合わせください。
 
【すべてのご相談内容は、個人情報保護法に基づきまして、弊社で管理させて頂きます。】


  • ビーテック しあわせ設計の家 大田区 新築
  • 新築 ビーテック しあわせ設計の家 大田区
  • 新築 ビーテック しあわせ設計の家 大田区